貯蓄して、投資。そして貯蓄の事。

貯蓄と節約は、自ら積極的に行動する事でより多くのお金を得る事が可能です。

貯蓄と節約で得たお金を、さらに投資に回す事で、大きな貯蓄に変えていく事が出来ます。

その様な観点から、株を購入する事は有効です。

特に株主優待がある株は、きちんと銘柄を考えて購入すれば良い貯蓄につながる事になります。なぜなら、株主優待でお得な商品など、銘柄によって貰える物は違いますが、貰えます。そして、配当金も貰えます。株価が上昇する銘柄なら売却して利益を得る事も良いです。勿論失敗する事もありますが、相場の状況をとらえる事が上手な人はおおいに利益をあげる事が出来ると言えます。

株の銘柄を保有するだけで、株主優待と配当金を得て、銀行の定期預金の利率を上回る事も多々あります。もし、株価が下降して損失となるなら、株を塩漬けにする事も有効です。

株価が上昇しましたら、塩漬けした株を売って儲ける等、貯蓄に回す事が可能です。

節約としては、水道高熱費も節約出来ます。

冷蔵庫は扉を開けた瞬間に温度があがり、庫内を冷却する為に電力が消費されますが、冷蔵庫内に冷蔵庫カーテンをするだけで、扉を開けても冷気が逃げず省エネとなり、その分電気代の節約につながります。

冷蔵庫は瞬間的に扉を開けるだけでなく、食材の出し入れ等もあり、その分時間をとる事もありますから、冷蔵庫カーテンをつける事は節約となります。

貯蓄と節約をする為に、色々試したい事が多々あります。


我が家の貯蓄について

我が家は高校生の長女、中学生の次女の2人の娘がいます。二人とも中学から大学まで私立で一貫校ということもあって、私の収入と家内のパートの収入だけでは結構きつい状況です。
さらに二人ともクラシックバレエを本格的に習っていることもあって貯蓄を今することはかなり難しいと言わざるを得ません。

しかし、大学を卒業してすぐに出産、結婚したのでわたしが50歳になるタイミングで次女も大学を卒業します。となると貯蓄はそこからがポイントになるわけです。

もちろん、今もそれなりに貯蓄をしようとしていますが学費などを考えると保険などにまわすだけで精一杯になってしまいます。
しかしながら、次女が中学に入ったことで家内ももう少し仕事に充てる時間ができます。

そこで収入が増えればその分だけ贅沢もできるし、毎月の貯蓄に回す金額も増えていくというのが明るい材料です。
フィナンシャルプランナーからも今は一番厳しい時期ということで無理な貯蓄はする必要なしというアドバイスももらっています。

とにかく学費を払い終えた後が我が家の貯蓄、そして老後資金への投資になると考えています。それまでは何とか節約しながら子供たちの成長を見守っていきたいと思います。


サラリーマン40歳の節約と貯蓄

わたしは40歳のサラリーマンです。家内と14歳の長女、11歳の次女の4人家族です。

家内は数年前にパートを始めました。世帯年収は900万円~1000万円になりますが子供のクラシックバレエ、そして私学の学費を考えるとかなり苦しい生活です。

そこで私なりのおこづかいの節約と貯蓄術を持っていますのでご紹介します。

まず節約。仕事に行くときもプライベートで出かける時も飲み物は必ず家から持っていきます。
そして、趣味の読書。これはすべて図書館で借りますので一切費用はかかりません。

新聞もビジネスマンとして必須ですが今では一般紙、ビジネス紙ともすべての記事が無料で読めるサイトがありますので有効に活用しています。
以上の項目だけでも毎月10000円以上の節約になっています。

そして、もう一つの趣味であるゴルフ。

これはポイントサイトでためたポイント、およびみずからが予約者、コンペの幹事となりポイントを稼ぐことでプレイフィーがかなり安くなります。うまくいくと年間で1ラウンドが無料になるくらいたまるものです。

わたしの節約はやりたいことを我慢するのではなくいかにうまく、そして安く楽しむかという観点から実行できるようにしています。

ただ、急な出張で立て替え払いとかがあることもあり、どうしても現金が必要になることもあります。
そんな時のためにカードローンも利用しています。