なんでも「ありがたい」と思って頂いてみることが節約術

我が家の節約術、ずばり「なんでも頂けるものは、ありがたく頂くこと」です。

結婚を機に親戚の方が作ってくれている野菜を頂くようになりました。2か月に一回、段ボール1箱分です。その時期旬の野菜がたくさん送られてきます。野菜が届いた月の食費は、通常月の2/3で収まります。送られてくる野菜によっては半額で収まることもあります。どんな野菜が届くかは、届いてからのお楽しみなので調理に苦戦するものだったり、苦手な野菜だったりすることもしばしばありますがそこはご愛敬。頂ける野菜をありがたい、と言って全て頂き料理に使います。おかげで苦手だった野菜も食べられるようになって料理レシピも広がり、食費も浮くし一石二鳥です。実家へ帰った際も、実家で余ってしまう食材は頂いて帰ります。

相手がくれるというものに関しては食材だけでなく、洋服や日用品まで幅広く頂きます。

洋服については、着れるものは着用します。着ることのできないもの(サイズが合わないなど)については売りに出したりしてリサイクルに回します。

頭ごなしに「いらない」で断ってしまっては勿体ない。なんでも頂けるものは頂いてみます。活用方法はそのあと考えます。アイディア力も養われますし、節約にも繋がります。