無駄を省いて出向く。

本日話させて頂くのは自身の申し立てとなります
2時期ほど前から経験をしております
しかし父母が更に自分のいままでのお年玉を保有している備蓄があります
特別経験しようと思い立ったのは自分の使える分のお金がないと思ったからだ
しかし父母から買う月々二万円の経験だけでかなり著しいやりくりを強いられてきました
月々二万のお小遣いを全員経験に回す結果やりくりのほとんどが不具合でした
例えば好きな事件や親戚の住宅や授業の観光など足を全く使わないといけないと思います
上記についてですが本人はしばしば自転車を取り扱う結果そのほとんどの目的地を自転車で済ましたり
電車を取り扱うにしても間近いターミナルをステップで済ませたり
予定の日にちのかなり前に出て大体の隔たりから歩いて目的地まで行ったりしました
そうして暮らしをしていきました
ランチなどもそうですが実態自宅でおにぎりを作りそれを持って行きましたが
もしそうでなければコンビニエンスストアやターミナルの売店などで売る小腹を満たすチョコなどを買い
ワンデイを終わらせていたことを思い起こします
スキンケア産物も買わずに固形せっけんや唯一買っていたのがトニックシャンプーでした
寝起き汗が出ていたら濡れたクロスで拭いていましたし今もしています
主としてこのくらいですが今は生活に余りが出てきたので何とも楽をしている
終わります


小さいことからコツコツと大きなものに育てる節約作戦

節約についてしっかりと考えるようになったのは3年前ごろからです。というのも主人はもうすぐ定年になるし、私も定年に近くなり体と心がもろくなって仕事を辞めたくなる気持ちが強くなってきていました。
そこで、貯蓄を計算しました。収入がなくなると生活できない金額でした。心を入れ替えて貯めなくってはと決心したのです。さて、なにからどうして貯めるの?と考えました。

無駄に使っていたお金について出していきました。食事に関してが最初に出てきました。外食が多かったです。家で食べることも惣菜が多かったです。
飲料水もあちこちの値段調査もせずにかなりお高いものを買っていました。外食・惣菜・飲料水などのことを考えて生活をするとかなりの節約になりました。

次に光熱費についてです。夫婦二人暮らしです。洗濯を週に2回と決めました。まとめてすると水道代や電気代も微々たるものですが節約できました。
電気代ですが、夜、帰宅してからは各々別室で過ごしていましたが、同じ部屋で過ごしました。エアコンや冬場のストーブの灯油代金も減りました。照明もテレビもどちらかの我慢も要りますが節約できました。
ガス代ですが、外食を減らしたので家で食事を作るのですが、一週間分をまとめて調理できるものはして冷凍したりしました。これでガス代も少しですが節約できました。
入浴も今までは入りたいときに入っていて、入るたびに水を捨てていました。それを辞めて入浴時間を決めました。水道代もこれでかなり節約できました。

まだまだ小さいことを言えばきりがないですが、小さいことですが生活を見つめなおし、気を付ければ様々な節約につながります。
この小さなコツコツが電気代は半額に、水道代も半額に、ガス代もかなり減りました。小さな節約からコツコツと大きなものに育てるという節約作戦でした。