カットや貯えで無理に力まないほうが賢くいきます。

私、生計簿をつけて無駄を省くトライを続けてきてわかったことですが。
どんな軽減や貯えも、無理をすると続きません。ここが、皆さんの勘違いするところです。
軽減や貯えは、意識しないと出来ないのは当然だ。しかし、指しすぎてそれがストレスになってしまうと後から大きなリアクションがきて元来貯えも軽減も出来なかったという不埒例が多いです。
例えば、道楽小物のビールの1ヵ月の飲む量が手広く生計を圧迫しているので今まで晩酌でビール2正規飲んでいたのを1正規にして軽減しようと考えます。実に、ビールを2正規を1本にしたら適切
生計の軽減になるでしょう。しかし、これが穴だ、ビールを2正規を1本にしたことでストレスが留まり喫煙のボリュームが増えたり食べ過ぎて食費が上がったりと面倒をのリアクションで、却って軽減出来なかったことは良くあることです。これは、貯えでも当てはまる失敗談だ。
それぞれは何でもアッという間に結果に形成させたいものです。しかし、無理に目に見えるデータを勧めすぎりと結局は結果が求められないものです。では、どうして軽減すればいいかとすればいいかと言えば最初の比喩で言えばビールを2正規を飲み込む太陽を週間で5太陽くらいに切り落とします。そして、それに
なれたら4太陽にと少しずつ減らしていけばストレスなく減らせるでしょう。当然、保険や
電話の対価などアッという間に手広く減らせるものは燃やすべきですが・・・。食費や道楽小物などを
アッという間に大幅に燃やすのはストレスが溜まるし持続出来ないので推薦出来ません。