単価の低い内職で節約意識を高める

私は、専業主婦になってからは普段の自由なお金はかなり減ってしまいましたが、ちょっと何かで臨時収入があればつい散財してしまう、そんな状態でした。

だから、全然貯金は増えていきませんでした。

それが変わったのは、家事育児の合間に始めた内職のおかげだと思っています。

内職を始めたのは、自由に使えるお金をもっと欲しいという欲からでした。

しかし、内職は単価はとても低いです。

だから、かなり頑張っても大した金額になりません。

それでもやらないよりはマシだと思い続けていました。

そして、しばらく経つと、内職の仕事の収入はなかなか使えない自分に気付きました。

あれほど頑張って、やっと手に入れたお金を大して欲しくない物に使ってしまうのが惜しくなるのです。

だから、1日の予算以上のものを内職の収入からの余裕で買えなくもないけれど、買わないことを選択する日が非常に増えたのです。

つまり、お金の価値が私の中で高まったのです。

内職は、コツコツ頑張ってやっとなけなしのお金が貰えます。

その苦労が、お金を無駄に使いたくないという気持ちを呼び起こしてくれました。

それからは、臨時収入があっても軽々しく使えなくなりこれだけのお金を稼ぐには何日かかるかと考えるようになりました。

内職で収入もわずかに増えて、支出は減ったのですからかなりの節約となっています。

自分には合う節約方法でした。