肌で感じている丁寧な生活は節約に通じること

引越しで180度私の生活が変わり、丁寧な暮らしができるようになりました。

引越しのため物を大量に捨てたので掃除がしやすくなったことや、今の賃貸がとても使いやすい間取りと、キッチンがアパートには珍しく6畳あるキッチンなので調理もしやすく片づけやすいので、料理も楽しくなりました。

家事が本当に楽しくなり、不思議と身体も軽くなって今までの私の生活からは考えられないキレイな部屋の状態が保てるようになっています。

キレイな家の中が気持ち良く、自然に丁寧な生活ができるようになったのですが、そうしたら、急に金運が良くなって今までより貯金ができる世になりました。

2月の下旬に引っ越したのですが、3月と4月には旧住所の市役所から次々と納め過ぎの健康保険税と介護保険税が戻ってきたのです。

そして、新しい住所での健康保険税が、なんと旧住所の4分の1なのです。近くのスーパーもかなり安いスーパーなこと、そして、なんといっても家賃も今までの半分なので助かっています。

これほど全てが安くなったのも、丁寧に無駄のない生活を始めた神様のご褒美かな?なんてニッコリしています。

「爪で拾って箕でこぼす」という言葉がありますが、貯金をしたかったら稼ぐことを考えるより無駄のない生活をするべきというのは本当だと実感しています。

それと、「お金は汚いところを嫌う」といいますが、汚くしているところにはお金は寄ってこないようです。

金運が良くなったと言ってもささやかですが、これ程重なるとは運ばかりではないものを感じています。

これからも丁寧な生活を続けなければと思っている私です。


費用方針なエブリデイ。

僕は<ユワイター>が大好きです。それはお風呂に扱う湯をメイキングやる、アナログチックな方法だ。<お湯+植え付ける>、本元はそういう会話だと思われます。家、2床の屋根の上に乗せて生じる、ジャンボ方法だ。お天道様の力を活用し、水を湯に変えます。刺々しい水を上に流し、昼のお天道様のパワーをめ多数体得させます。
僕が生まれた先物心ついた頃には、当たり前のように組み込んであったようだ。やっぱ有りづらい機械なのです。
お伝えと満足なマイコメント、惜しくも続きます。引き続き、お交流頂きたく存じます。
面倒くさがりなご近所様は、こういう方法が保持しなかったようです。僕にとっては、平気日常的なすさまじさだ。欲しい!とまで言い切れます。ミッドサマーには、瓦斯の敢行料金が大幅に有益になるのです。風呂を沸かす作用が減れば、必然的に瓦斯関連のディーラーに対し払うキャッシュは軽めになります。ウエザーがかわいく、気温が高い春夏場住所は、(家にとって)預貯金する最高時分なのです。暖かな時世には千円レッテルを蓄えて置き、専ら真冬に取り付けるのです。春夏秋冬、スペシャルな間隔だ。
父兄に細かな元金総計を聞いてないけれど、評価は【VERY】が付くほどに、高得点です。お風呂の言及は、ほとんど毎日のことです。インターネットで検索すると、「ソーラーシャワーあつ太郎」なんていう商品名も目撃できます。ほぼ機構は同じで、人気があるのだろうなと感じています。元金は大きくても、ちゃんと誘因を取り戻せる機構、相当良い話だ。


預貯金や節約を講じる事項を明確にしましょう。

預金や削減を講じる考えを明確にしないと失敗します。
何のためにどれぐらい削減や預金するかの考えはっきりさせることが預金や削減を成功させるために必要なことです。
大体の人物が、ただどうにも財産の惑いから削減や預金を始めようと考えます。しかし、考えが明確でない結果いくらくらい削減や預金始めるのかが不確かために月にどれくらい預金や削減すればその目標額に到達するかが敢然としません。そのため、どのように切り捨てどのように預金するかがからきし不透明なことが多いです。
予め、財産の不安があるのならいくらぐらいあればその惑いが無くなると言えるかを明確にしましょう。そして、その賃金をどれくらいに取回しすればいいかも明確にしましょう。
つまり、目標額とコンセプト間隔を決めれば今の財産から考えて費消ををどれだけ切り詰めればいいかが必ず決める。
そして、押さえる額に無理があると感じたらサイドジョブなどで如何程儲ければいいかも解ります。
つまり、預金や削減を成功させるためには成功させる次第をしっかり作ることから取りかかりないといけません。しかし、これは意外といざこざなので大体の人物はただ預金や削減しようと
考えどのようにどれくらいの機構で行うかをはっきりさせないので上手くいかなくて断念することが多いです。


節約生活楽しめると楽になります。

現在専業主婦歴1年3ヶ月。2人の子供がいて大きくなるにつれて食費やらお金がかかるようになりました。お金をかけるところは節約せず、出来るところの節約を日々楽しみながらを目標に頑張っています。

ゴミ出しについて。10袋入り550円のゴミ袋を使い週1、2回出していました。子供のオムツがあるのでいつもゴミがいっぱい。お金を出して家庭ゴミを捨てるのになんとかならないかと思ってました。プラスチックのゴミ、ペットボトル、ビン、缶、月1で町内会で回収してもらいます。古新聞古雑誌、チラシなどの紙類は、イオンの回収ボックスに持っていくと1ポイント/1kg として電子マネーのWAON ポイントが貯まります。生ゴミとオムツ、燃えるゴミだけゴミ出しするので週1回に減りました。またゴミがポイントになりお得。ゴミ袋を買う回数が減りました。

水について。お風呂の残り湯は、基本洗濯の時に使い、子供の汚れ物や布オムツを浸けておく時も使います。週末はそれに加え、上靴、体操服を浸けて洗う時に使っています。

食器は、汚れが落ちやすいように浸けておき、ある程度たまってから洗う。まとめて洗うので水道代も下がりお湯出す回数も減ってガス代もへります。

水道代は高かった月に比べ1000円位安くなりました。


節約が苦手でも貯金はできます。

私は昔から浪費癖があり、アルバイトで稼いだお金を全てアイドルや洋服に使ってしまう生活をしていました。

酷い時はクレジットカードでキャッシングをしてまで遊んでしまいました。

時にはこんな私を心配したバイト先の友人が私のクレジットカードを半分に折り曲げたこともありました。

このままではまずいと思い、預金口座を2つ作り、毎月決めた額を貯金用口座に貯めていました。

しかし長くは続かず、給料日が近くなりお財布が寂しくなってくると貯金用口座のお金を使ってしまうこともありました。

こんな私でも貯金のできる方法はないものかと考え、唯一成功した方法をご紹介します。

それは、ひと月に使える金額を予め決めてしまうのです。

例えば給料が20万円だとしたら5万円は貯金用口座にいれ、残りの15万円から諸経費(家賃・光熱費・携帯代・趣味で確実に飛ぶお金等)を引いた額がひと月に使えるお金です。

そのお金が5万円だとして30日間に使えるお金は1666円。1日1666円未満に抑えられるように生活するのです。

私の場合1000円を目指して生活していましたので月末には2万円近くの余裕ができていました。最終日に余剰金を使って贅沢しても良いというルールにしていました。

初めの方はその日を楽しみに生活していましたが最近では最終日の贅沢をせずそのまま貯金に回すようにしています。

という生活にしたところ、こんな私でも貯金をすることができています。至って普通のことかもしれませんが、どうしても貯金ができないという私のような方にはぜひこの方法をおすすめします。


お財布には1ウィークずつの総計しか入れないようにすると節約できます!

普段持ち歩くお財布の中には絶対にひと月分の料金などは入れないように行う。
1週ずつの料金を週間のはじめにお財布にいれたら、その中で絶対に済ませるように
やり過ごすのです。

もちろん、お財布の根源が余ったら、専ら繰り越さず蓄財ケースに残っているプラスを
入れて小銭蓄財をしておきます!

お財布の中に余計なプラスをいれなければ、使いみたいがなので、無駄なものを購入したり
衝動買いを防げるのです!

しかし、あまりにもきつすぎる料金割をしてしまうと、なんとなく精神的にもまいって
しまってある時撤退してしまって散財して仕舞うということもあるので配列料金は敢然と
考えて無謀なことはやめたほうがよいです!

やむを得ず緊張が溜まった時折小銭蓄財をした蓄財ケースから拝借して、豪華なランチ
に行ったりビデオを見たり、デザートを購入してみたりもご時世に数回はしてみるのも嬉しいもの
だ!

省エネルギーは長く続けていかないと効果はでては欠けるので、長期間隔で穏やかに賢く立ち向かうの
がベストなので、無茶はだめ!

週間割をした料金でどんなに美味しいご飯を工夫して焼けるか!満足できるかに争いがかかって
掛かることは忘れてはいけません!

食べないようにするとか辛抱をじっくりする・・・という感性で省エネルギーに取り組むとどうしても撤退やる
ので、決められた料金を素敵に扱うことが大事なのだということを考えなければいけないのです!


ケチでは、ないのです。節約なんです。

とにかく、大きな事から小さな事まで、幅広く節約してます。車の車検ですが、ディーラーで依頼すると、20~30万かかりますが、「フランス車なので」しかし、気になるところを、例えば、ブレーキを整備だけしてもらい自分でユーザー車検に行けば、国に治める税金・保険・手数料を払っても55000円でした。

10万以上節約です。このユーザー車検は、どんどん皆さんに推奨したいです。気になる部分だけ整備してもらえば、いいのです。車検後も壊れたらその都度修理すれば、いいのです。

またなるべくガソリンを使わないようにしてます。自転車がメインです。雨の時ぐらいしか。車使用しません。また食べ物なども、毎日ですから値引き商品ばかり狙ってます。閉店まえの30分に値引きシール祭りになりますから、その時間帯を選んで購入してます。

少しの節約ですが、大事です。なるべく必要な物しか食料は、購入してません。電化製品も新しい物は購入せず、どうしても電化製品が必要な時は、一番高い商品を購入してその時にメーカー保証以外にお店の延長保証にも、お金を支払います。

最初は、高いと思うかもしれませんが、安い電化製品は、永く使用できません。コストをかけた製品は、耐久性が高く壊れません。良いものを買えば節約になるのです。


1日の可処分所得を決めて節約しよう!

私が実践している節約の方法は、給料を日割り計算して、その2割を1日に使える金額にするということです。

たとえば手取りで18万円もらっているとしたら、日割りにすると1日6000円の日給になります。ここは単純計算でオッケーです。

そしてその6000円の2割は1200円になります。それを1日に使えるお金の上限とするのです。ここでのポイントは、家賃や通信費などの固定費は別で考えることです。あくまで飲み物やお菓子などの変動費を使えるお金の対象にすることです。

そうすることによって、無駄遣いを減らすことができます。

でも、飲み会などに参加すると3000円程度かかってしまいますよね。1200円では全然足りません。その時は、飲み会の予定がある週には、その日、たとえば週末に向けて月曜から貯金しておくのです。

1日に500円で済んだ日は、700円の余裕ができます。これを火曜、水曜と続けていけば、3000円はあっという間にたまりますね。何か欲しいものがある場合にも同様の方法で貯めていきます。

また、これを続けていると、節約の意識が段々強くなってきて、楽しくなってきます。慣れてくれば貯金もできてしまいますので、ぜひおすすめです!


ポイントカードと電子マネー支払いでお得なポイント2重取り生活

私はコンビニや飲食店に行くときは、ポイントが2重取りできる店に行くようにしています。

例えばコンビニはファミリーマートかローソンに行きます。ファミリーマートではTカードでTポイントを貯めて、支払いはWAONやEdyの電子マネーで行えば、電子マネーのポイントも貯めることができ、ポイント2重取りができます。ローソンではPontaカードでPontaポイントを貯めて、支払いはWAONやEdyの電子マネーで行えば、同じくポイント2重取りが可能です。同じコンビニでもセブンイレブンではnanacoカード1枚で電子マネーとポイントカードを兼ねているため、nanacoカードで支払ってもnanacoポイントしか貯まりません。

飲食店の場合、ファミレスはガストを利用します。ガストでは、TカードでTポイントを貯めて、支払いはEdyで行い、ポイント2重取りが可能です。また、牛丼屋は吉野家を利用します。吉野家でもTカードでTポイントを貯めて、支払いはWAONで行い、ポイント2重取りができます。同じ牛丼屋でも、すき家ではEdyでの支払いのみなので、Edyポイントしか貯まりません。ポイントカードに加えて、小銭いらずで便利な電子マネーを利用しすれば、普段よりお得な生活ができます。


カットや貯えで無理に力まないほうが賢くいきます。

私、生計簿をつけて無駄を省くトライを続けてきてわかったことですが。
どんな軽減や貯えも、無理をすると続きません。ここが、皆さんの勘違いするところです。
軽減や貯えは、意識しないと出来ないのは当然だ。しかし、指しすぎてそれがストレスになってしまうと後から大きなリアクションがきて元来貯えも軽減も出来なかったという不埒例が多いです。
例えば、道楽小物のビールの1ヵ月の飲む量が手広く生計を圧迫しているので今まで晩酌でビール2正規飲んでいたのを1正規にして軽減しようと考えます。実に、ビールを2正規を1本にしたら適切
生計の軽減になるでしょう。しかし、これが穴だ、ビールを2正規を1本にしたことでストレスが留まり喫煙のボリュームが増えたり食べ過ぎて食費が上がったりと面倒をのリアクションで、却って軽減出来なかったことは良くあることです。これは、貯えでも当てはまる失敗談だ。
それぞれは何でもアッという間に結果に形成させたいものです。しかし、無理に目に見えるデータを勧めすぎりと結局は結果が求められないものです。では、どうして軽減すればいいかとすればいいかと言えば最初の比喩で言えばビールを2正規を飲み込む太陽を週間で5太陽くらいに切り落とします。そして、それに
なれたら4太陽にと少しずつ減らしていけばストレスなく減らせるでしょう。当然、保険や
電話の対価などアッという間に手広く減らせるものは燃やすべきですが・・・。食費や道楽小物などを
アッという間に大幅に燃やすのはストレスが溜まるし持続出来ないので推薦出来ません。