新米主婦の光熱費削減はなかなか難しい

“私は20代の新米主婦をしています。
最近光熱費の節約をしていきたいと考えていますが、なかなか難しくて苦戦中です。

始めたきっかけは、お金の節約をして他に金を回したいという気持ちと、ある時明細を見ていて前の月から1000円もガス代が落ちていたことがあって、
頑張ればしっかり下がるものなんだなという実感を得たからです。

その月から洗い物をお湯でなくて水でするようになったので、ガス代が下がったんだと思います。そこで、まず始めたのは電気代の節約です。
電気代は、暑ければクーラーや扇風機をつけなければ体調にも影響してしまうので本当に難しいところです。
とりあえず無駄遣いを止めることから始めました。最近は日が長いので、晴れの日照明は19:00過ぎる頃までつけないようにしたり、付けっ放しはもちろんしないようにして、
昼時はテレビをつけずに趣味の手芸をするようにしたり、外に出るようにしたり、お風呂に入るときは脱衣所の電気を消すことなどです。
これがどこまで電気代に影響するか、ほんの少しかもしれませんが、生活に苦じゃない部分で続けてみようと思っています。

また、ガス代の節約のためには余熱の利用を心がけています。
余熱で仕上げができるのなら早めに火を止めてしまったりして、あまり長時間ガスを使わない調理にすれば少しは節約できるかなと思っています。
水道代は、お風呂の残り湯を洗濯に使ったり、洗い物をする時に出しっ放しに気をつけたりとかですが、あまり削れないでいるのが現状です。
生活が苦にならない程度にこれからも節約をしていこうと考えています。”