学費を節約するほかな戦法

エンゼル係数は額面レスポンスと言われています。子供の習い事や学校になる資産というのは、赤ん坊のいらっしゃるマイホームならどこでも気がかりのグループとなっています。殊更学校にかかる資産は迂闊ありません。月々の月謝は当然、教本費やトライヤル値段などといってはスペースに集金があります。ですが、受験をむかえる赤ん坊は、やはり学校へ行かせるのが一番です。
自宅で親が訓練を見極めるという戦術もありますが、やっぱり家族という関係では甘えが生まれるので、さほど良い方法とはいえません。そうなると、どうすれば一番お得にできるかというと、中学校受験をさせるのです。ほかと見えるかもしれませんが、実は中高一貫校へ入学できれば、ハイスクール受験も必要ありませんし、当然ながらハイスクール受験にお金がかかりません。
できれば国立や公立の中高一貫校に合格するのがベストですが、個人でも月謝が安っぽい周辺を選べばよいです。それに最近はいつの中高一貫校も生き残りに真面目ですから、学校へ行かなくてもアカデミーで訓練をぐっすり装います。また周りにできる方が多ければ、志もあがります。残念ながら、受験をしないで入学する中学生はこのように勉強に熱心ではありません。とにかく学費を安く上げたいのであれば、中高一貫校へ入学させましょう。


服の整理で節約プラススッキリ快適生活

節約というと先ず最初に食費を削ることを思い付きますが、安くて高カロリーのものは健康を害する可能性があるので、我が家では避けています。

その代わりに節約しているのが、衣料品です。

季節ごとに買う服は3着までと決めていて、下着は12セットを越えないように、1枚捨ててから買うようにしています。

夏はTシャツ、冬はニットが好きで持っている数も多いので、春と秋は上着で調節して出来るだけ服自体の数を少なくしています。
また、サイズが合わなくなったり何年も着ていない服は、捨てる前にダンボールに入れておいて、着る予定のある服を全部把握出来るようにしています。

シーズンごとに持っている服が分かっていると、必要な服だけを買うことができるし、物が少なくなって部屋がスッキリ片付くんですよね。

本当に要らないものは切って掃除に使ってから捨てるので、お掃除シートや雑巾を買わなくて済むので一石二鳥です。

また服の数が多いとその分収納場所が必要になり、増えれば増えるほど広い家に住みたくなってしまうんですよね。
広い場所にこだわらなければ住む場所にもお金を掛けなくて良いし、その分貯蓄が出来るはずです。

我が家では服の整理をしっかりするようになって、服を衝動買いしなくなり、部屋もスッキリしてちょっと広くなった気がします。


自動販売機を使わない節約法です

自動販売機を使わないだけでもお金を節約できますよ。
自動販売機は便利なので時間の節約にはなり得ますがお金の節約という点ではダメなんですね・・・。
自動販売機でジュースを買うと冷たくてもあたたかくても適温になっているので美味しいですが、そういう便利な部分が価格に反映されています。

だから自動販売機のジュースがスーパーマーケットで買うジュースよりちょっと高いのは仕方がないこと。
コンビニエンスストアじゃないけれど自動販売機も近くて便利です。
お金を入れてジュースが出てくるという楽しみな部分もあります。
便利だから自動販売機でジュースを買っている人も多いでしょう。

私の場合ケチだから自動販売機のジュースは滅多に買いません。
スーパーマーケットのジュースも量と値段を見比べて買うほどなのに、自動販売機のジュースにお金を使うことは考えられません。
本当にお金に関してケチな私なのでジュース自体もダイエットだと言い聞かせて滅多に飲みませんが・・・・。

飲み物は身体に良いものを選び、青汁とか飲んでも野菜ジュースが多いですね。
甘いだけのジュースは健康に悪そうで年に数回程度飲むくらい。ケチケチ生活でも健康には気を遣っていますよ。


なんでも「ありがたい」と思って頂いてみることが節約術

我が家の節約術、ずばり「なんでも頂けるものは、ありがたく頂くこと」です。

結婚を機に親戚の方が作ってくれている野菜を頂くようになりました。2か月に一回、段ボール1箱分です。その時期旬の野菜がたくさん送られてきます。野菜が届いた月の食費は、通常月の2/3で収まります。送られてくる野菜によっては半額で収まることもあります。どんな野菜が届くかは、届いてからのお楽しみなので調理に苦戦するものだったり、苦手な野菜だったりすることもしばしばありますがそこはご愛敬。頂ける野菜をありがたい、と言って全て頂き料理に使います。おかげで苦手だった野菜も食べられるようになって料理レシピも広がり、食費も浮くし一石二鳥です。実家へ帰った際も、実家で余ってしまう食材は頂いて帰ります。

相手がくれるというものに関しては食材だけでなく、洋服や日用品まで幅広く頂きます。

洋服については、着れるものは着用します。着ることのできないもの(サイズが合わないなど)については売りに出したりしてリサイクルに回します。

頭ごなしに「いらない」で断ってしまっては勿体ない。なんでも頂けるものは頂いてみます。活用方法はそのあと考えます。アイディア力も養われますし、節約にも繋がります。


小さいことからコツコツと大きなものに育てる節約作戦

節約についてしっかりと考えるようになったのは3年前ごろからです。というのも主人はもうすぐ定年になるし、私も定年に近くなり体と心がもろくなって仕事を辞めたくなる気持ちが強くなってきていました。
そこで、貯蓄を計算しました。収入がなくなると生活できない金額でした。心を入れ替えて貯めなくってはと決心したのです。さて、なにからどうして貯めるの?と考えました。

無駄に使っていたお金について出していきました。食事に関してが最初に出てきました。外食が多かったです。家で食べることも惣菜が多かったです。
飲料水もあちこちの値段調査もせずにかなりお高いものを買っていました。外食・惣菜・飲料水などのことを考えて生活をするとかなりの節約になりました。

次に光熱費についてです。夫婦二人暮らしです。洗濯を週に2回と決めました。まとめてすると水道代や電気代も微々たるものですが節約できました。
電気代ですが、夜、帰宅してからは各々別室で過ごしていましたが、同じ部屋で過ごしました。エアコンや冬場のストーブの灯油代金も減りました。照明もテレビもどちらかの我慢も要りますが節約できました。
ガス代ですが、外食を減らしたので家で食事を作るのですが、一週間分をまとめて調理できるものはして冷凍したりしました。これでガス代も少しですが節約できました。
入浴も今までは入りたいときに入っていて、入るたびに水を捨てていました。それを辞めて入浴時間を決めました。水道代もこれでかなり節約できました。

まだまだ小さいことを言えばきりがないですが、小さいことですが生活を見つめなおし、気を付ければ様々な節約につながります。
この小さなコツコツが電気代は半額に、水道代も半額に、ガス代もかなり減りました。小さな節約からコツコツと大きなものに育てるという節約作戦でした。


車はお金に変えられない効果があるのです

車の経費は大きいです。ただし、これをタクシーにするのかというと、とても考えます。
タクシーよりも、えられることのほうが大きいような気がしています。

やはり、一人であれば、車はいらなくても、家族がいると、タクシーは不都合です。
いつもきちんとしていて、準備がいい家庭ならいいのですが、そのような家庭もないのです。
それに、車で移動するほうが、会話の時間もできるのです。
庶民は、どうしても、そこで、家族の確認のようなことをしています。密室です。

タクシーでは運転手さんがいるではありませんか。それも気にならないというのは、とても、高級な人たちです。
こう考えると、車は大切だと思います。お金には変えられないものです。
あることによって、もたらされる効果のほうが大きいのです。自慢でも何でもないのです。

特に、都会のほうが、車を所有している効果は大きいです。一気に用事をすることができるのです。
しかも、やり直しの時に便利です。フットワークが軽くて済みます。また、やり直しとなると、どうしても、気持ちがなえてしまいます。
都会に住む人の便利さとして、車があると、貯蓄以上の満足感も得られるはずです。
節約のポイントだけでは解決できませんね。


自転車は軽いママチャリが一番いいのです

自転車に乗る機会が多いのですが、子供を自転車乗せる時には、電動自転車がいいと考えています。
ただし、「コドンゴア大きくなったならば、電動自転車はいらないですね。かえって重いのです。
それよりも、ママチャリが一番走りやすいのです。
それに安いです。電動自転車は、10万円以上の費用が掛かります。2万円程度と、10万円では、だいぶ違うのです。
それに、どこにでも行けます。充電する必要がないからです。

時と場合ですが、電動でないと、貧乏なように見る人もいるのです。ところが、そこをへて、この軽い自転車に到達していることを、知らないのです。
何かのついてでには、こちらのほうがいいということを話しますが、みんな、電動神話にとりつかれているのです。お年寄りだって、電動自転車は重いですよ。
変えてT、けがのもとになるような気がしています。さらに、中年であれば、やめたほうがいいです。ある程度の坂道も軽いので、調子よく登れます。
いいたいことは、高いものがいいということでは、ないということです。同じように便利なものも用途によっていいとも言えないということです。
そこを、すべて、いいと勘違いことも節約には大事です。用途別です。


新米主婦の光熱費削減はなかなか難しい

“私は20代の新米主婦をしています。
最近光熱費の節約をしていきたいと考えていますが、なかなか難しくて苦戦中です。

始めたきっかけは、お金の節約をして他に金を回したいという気持ちと、ある時明細を見ていて前の月から1000円もガス代が落ちていたことがあって、
頑張ればしっかり下がるものなんだなという実感を得たからです。

その月から洗い物をお湯でなくて水でするようになったので、ガス代が下がったんだと思います。そこで、まず始めたのは電気代の節約です。
電気代は、暑ければクーラーや扇風機をつけなければ体調にも影響してしまうので本当に難しいところです。
とりあえず無駄遣いを止めることから始めました。最近は日が長いので、晴れの日照明は19:00過ぎる頃までつけないようにしたり、付けっ放しはもちろんしないようにして、
昼時はテレビをつけずに趣味の手芸をするようにしたり、外に出るようにしたり、お風呂に入るときは脱衣所の電気を消すことなどです。
これがどこまで電気代に影響するか、ほんの少しかもしれませんが、生活に苦じゃない部分で続けてみようと思っています。

また、ガス代の節約のためには余熱の利用を心がけています。
余熱で仕上げができるのなら早めに火を止めてしまったりして、あまり長時間ガスを使わない調理にすれば少しは節約できるかなと思っています。
水道代は、お風呂の残り湯を洗濯に使ったり、洗い物をする時に出しっ放しに気をつけたりとかですが、あまり削れないでいるのが現状です。
生活が苦にならない程度にこれからも節約をしていこうと考えています。”


毎日の食物での削減

軍資金を蓄えるのは難しいですが、取り扱うのははなはだ簡単なものです。
毎日のメニューは欠かせない要素ですが、それもかなり無駄使いというのが多いのです。
それほど外食や、お者などでガバガバとお金が出向くので、出来る限り家でメニューしてそれも節約しながらと
何かと捻りしながらやっています。
ちっちゃな事を言えば切りが無いのですが、家でふとした庭園などがあればトマトやきゅうりやニラなどは
作ってみるのがいいと思います。
私もほとんど何かと組み立てるのが得意なサイドではないのですが、例年トマトときゅうりだけは植えている。
サプリメントと肥料をあげれば、案外大変ではありません。
早春にアブラムシが出るのでそれを撃滅してしまえばさほど害虫の大丈夫のです。
春に植えたトマトですが初夏から食べやっと今でも食べている。
今期になってトマトを買ったことがないし、きゅうりも最近になって買いました。
かなりの減額になったと思います。
家でしか出来ない者は、貝割れなんかは簡単なので生産してみるといいと思います。
その他には通常チラシを見ながら食事をたてるのは大前提ですが
肉や魚などきちんと細分にして、冷凍庫に入れて譲るのは鉄板だと思うのですが、
出来たら魔法で期日を書くのもいいと思います。
その他に長持ち取り止める野菜の買いすぎは駄目。
ほうれん草などは茹でて冷凍しても解凍事後同じように食べれるので便利です。
色んな捻りで水の泡無く食事で節約することができます。


肌で感じている丁寧な生活は節約に通じること

引越しで180度私の生活が変わり、丁寧な暮らしができるようになりました。

引越しのため物を大量に捨てたので掃除がしやすくなったことや、今の賃貸がとても使いやすい間取りと、キッチンがアパートには珍しく6畳あるキッチンなので調理もしやすく片づけやすいので、料理も楽しくなりました。

家事が本当に楽しくなり、不思議と身体も軽くなって今までの私の生活からは考えられないキレイな部屋の状態が保てるようになっています。

キレイな家の中が気持ち良く、自然に丁寧な生活ができるようになったのですが、そうしたら、急に金運が良くなって今までより貯金ができる世になりました。

2月の下旬に引っ越したのですが、3月と4月には旧住所の市役所から次々と納め過ぎの健康保険税と介護保険税が戻ってきたのです。

そして、新しい住所での健康保険税が、なんと旧住所の4分の1なのです。近くのスーパーもかなり安いスーパーなこと、そして、なんといっても家賃も今までの半分なので助かっています。

これほど全てが安くなったのも、丁寧に無駄のない生活を始めた神様のご褒美かな?なんてニッコリしています。

「爪で拾って箕でこぼす」という言葉がありますが、貯金をしたかったら稼ぐことを考えるより無駄のない生活をするべきというのは本当だと実感しています。

それと、「お金は汚いところを嫌う」といいますが、汚くしているところにはお金は寄ってこないようです。

金運が良くなったと言ってもささやかですが、これ程重なるとは運ばかりではないものを感じています。

これからも丁寧な生活を続けなければと思っている私です。