乳児がいると昼飯にお金がかかって来る

年収が60万円詰まりひと月5万円ほど少ないと何かと節約しなければなりません。キャッシュを一年中いったい幾ら使うかですが、予想して今日はこれくらいにしようと思って一生する。ところが小児がいると土曜日、週末や春休みなどは昼食に小児が豊か召し上がるので真意が狂う時があります。パンを買って来たり肉まんを買ったりして済ませたり、お弁当を貰うなどそんなに支払いする事になります。

それが夏休みなどの長い期間の休日となりますと昼食代金が嵩む事になります。1人の費用を押し下げる為に私だけレトルトカレーなどで終わらす事があります。70円ほどで済みますから。我々と妻は真昼食事要件に前日の惣菜を手広く作ったりしておきますと食事と以下商品あれば豊富惣菜になります。従がって明日の真昼食事の惣菜として最近多めにマテリアルを入手明日に備え付ける、そうすればやはりなり生活して行けます。

嬉しい節減方法としては、たまにしか外食終わる、カフェに行かないなどが挙げられます。通常行っていたカフェも辞めて散髪もこの辺りでは最高低いところにして、パンツもGパンですが盲点が開けばつくろって貰って多々おとなしく過ごしています。しかし食べ物は小児が2ヒトいるのでちゃんと食べさせていまひとつプラスの事は懸念打ち切る様にしています。お陰さまで子供達も元気に育ってある。


もらった子供服のタグは取らない!

節約や貯蓄をしたい子育て世帯で「もらったけどもったいなかった」という物の上位に、子供服があると思います。

赤ちゃんや子供の成長度合いは本当に人それぞれなので、サイズが合う頃には季節が変わってしまったり、同じような服ばかりたくさんあって着る機会が回ってこなかったり。

私も上の子の時にそんな悔しい思いをしたので、下の子が生まれて友人やばぁばから服を貰った時は、①すぐに着せて写真を撮る、②値札やタグは取らない という2つをルールにしています。

何のためかと言うと、ずばり着ない服は売ってしまうからです。

子供服はほんの一時期しか着ないこともあり、タダ同然の値段で古着が出回っています。

でも、新品となると話は別です。

古着屋さんに持って行っても、自分でネットで売るにしても、値札がついたままの新品だと1着で数百円で売れることもあります。

なので我が家では、「売るかも」と思う服の値札やタダは絶対に取らないことにしているのです。

では何のために写真を撮るかと言うと、もらった人への報告のためです。

もらってすぐに子供に着せて、写真を撮ったらすぐ着替え。

「似合ってるし本人も喜んでます!」と報告しておけば、後々「あの服どうした?」と聞かれてヒヤっとすることもありませんよね。

もらった人には少し申し訳ないけれど、売ったお金を子供のために使えるので、我が家では割り切ってどんどん売っています。


小銭貯金を始めてみて。

私が小銭貯金を始めたのは1年前です。
始めたきっかけは、500円玉貯金の延長のようなものでした。
なかなか500円玉が作れず、お財布に入っているのは100円玉や10円玉。
これを全て貯金箱に入れたら貯まるんじゃない?なんてふと思った事が始まりとなります。

買い物した後、お財布に入っている小銭は全て貯金箱へ移動。
今まで小銭でパンパンだったお財布も、家に戻ればスッキリした状態になりました。
正直、小銭だしあまり貯まらないであろうと思っていた私は、わざわざ貯金箱を購入するのも勿体無く、家にある空き瓶や箱を使っているのですが、突発で小銭が必要な時にこれが意外と便利。
もちろん、基本は開けて使いませんが、お釣りを出さずに渡さないと行けない場合には、わざわざ崩しに行く必要も無いので、重宝しています。

小銭貯金を始めてから1年が経った今、予想以上に入った貯金箱は、数えてみると小銭だけで3万近く貯まっていました。
何不自由なくただただ小銭を入れていただけで1ヶ月分の食費が自然と溜まっていたことに今では驚いています。
小銭だから…と思っていた小銭貯金ですが、小銭だからこそ私にとっては馬鹿には出来ない、手軽な貯金方法です。


小銭貯金を始めてみて。

私が小銭貯金を始めたのは1年前です。
始めたきっかけは、500円玉貯金の延長のようなものでした。なかなか500円玉が作れず、お財布に入っているのは100円玉や10円玉。
これを全て貯金箱に入れたら貯まるんじゃない?なんてふと思った事が始まりとなります。

買い物した後、お財布に入っている小銭は全て貯金箱へ移動。今まで小銭でパンパンだったお財布も、家に戻ればスッキリした状態になりました。
正直、小銭だしあまり貯まらないであろうと思っていた私は、わざわざ貯金箱を購入するのも勿体無く、家にある空き瓶や箱を使っているのですが、突発で小銭が必要な時にこれが意外と便利。
もちろん、基本は開けて使いませんが、お釣りを出さずに渡さないと行けない場合には、わざわざ崩しに行く必要も無いので、重宝しています。

小銭貯金を始めてから1年が経った今、予想以上に入った貯金箱は、数えてみると小銭だけで3万近く貯まっていました。
何不自由なくただただ小銭を入れていただけで1ヶ月分の食費が自然と溜まっていたことに今では驚いています。
小銭だから…と思っていた小銭貯金ですが、小銭だからこそ私にとっては馬鹿には出来ない、手軽な貯金方法です。


コストコ利用コストダウン術

学生時代、1第三者暮らしをしていてお金がなかったので日毎自炊をして縮小に励んでいました。ディナーが好きで上手になりたいと思っていたこともあり、切り捨ていてもあまりわびしく感じたことはないですね。当時は、知り合いもあなたみたいだったからかも知れません。

実家にいた内からディナーはしていたので、1第三者人生を始めても最初のうちは手法がわからず出し過ぎてしまい、おんなじものが何日も貫くこともありましたが、段々慣れて来て、食材を上手に使い切ったり、大売出しの食材を上手に買って食材から食事を図ることも出来るようになりました。正午は麺類が数多く、ツナ缶を使った日本パスタや乾麺の冷麦など可愛らしく食べました。冷麦などは食べ過ぎて、今はからきし見たくないですね。目下ネットの製法などを参考に一層上手に縮小人生ができるのにと思います。

自炊を積み重ねるためには、3食家で採り入れる出来事、もしくは正午にお弁当を持ち歩くことができないと厳しいかなと思います。おとなのお客様なら、常備菜を作って置き、遅くなっても家で直ぐ取ることが出来るようにしておくのがいいのでは。冷凍のうどんや缶詰などを常備しておくのもいいかも知れません。普通自炊でたまの外食を豪華にするなどメリハリを垂らしながら縮小人生を楽しみたいですね。