細かくわけるけど、てきとう分配貯金。

出産をしてから、子どもの将来や、自分たちの老後も考えるようになり、貯金や節約を意識し始めました。

でも、こまごま計算したり、いちいち考えるのが苦手で、主婦のサイトなど参考にしていましたが、中々うまくいきませんでした。

なので、自己流でてきとう節約をすることにしました。

まずは、貯金する分のお金は先に抜いてわけておきました。

千円でも、500円でも貯めないよりましなので、何用貯金と袋に細かく書いて貯めるようにしました。

いつも残ったら節約にしていたのですが、それだと使ってしまうので、無いものとして先に抜きました。

元々細かく計算してないので、生活費が少なくなったら今月はあとこの残金でやりくりだなぁと、貯金の心配をすることなく残金の使い道だけ考えるようになりました。

貯金袋も、遊び用、子どもの服、帰省用など細かくわけて、その用途の時にその袋から使うようにしました。

小さいお金でもちょこちょこ貯めると、何かの時に役立つし、一まとめにしてるより、別々にしてるので、使いすぎることが少なくなりました。

私は本当にてきとうなので、袋分けもめんどくさかったですが、最初に書いておけば一回だし、お金を月始めにてきとうにふりわければ終わりで、あんまりがっつりやらなくてもいいので楽でした。

普段の節約はまだまだ下手くそですが、できるとこから始めて、旅行資金なんかも貯めたいです。


洗濯機を賢く使って、光熱費を節約

家族で住んでいて必ず必要になるのが、洗濯です。

夫婦2人暮らしでも週末2回は洗濯しますし、子供がいると毎日、ひどい時には1日に2回洗濯機を回すこともありますよね。

回数が多いので、1回あたりの光熱費は微々たるものでも、毎月それなりの金額になってしまいます。

洗濯機を賢く使って、光熱費を節約しましょう。

1回の洗濯でいくらかかっているかと言うと、電気代と水道代を合わせて約25円。

毎日洗濯すると1000円以上になり、洗剤などの消耗品も含めるとバカにならない金額です。

そこで活躍したいのが、洗濯機のスピードコースです。

スピードコースを使うと、光熱費が約30%も節約できる上に、洗剤も半分ですみます。

最近の洗濯機は性能が良いので、よほどひどい泥汚れなどでなければ、スピードコースで十分汚れを落とせます。

子供服の泥汚れが酷い場合は、汚れ物だけを数日分ためて、一気に通常コースで洗えば問題ありません。

また、洗濯物自体を減らす工夫も大事です。

バスタオルをフェイスタオルで代用したり、フェイスタオルを手ぬぐいに替えてみたり。

容積や重さを減らすと、必要な水位が減るので、ささやかながら節約できます。

服を洗わないわけにはいかないので、洗濯コースや洗い物のサイズなどを工夫してみましょう。


学費を節約するほかな戦法

エンゼル係数は額面レスポンスと言われています。子供の習い事や学校になる資産というのは、赤ん坊のいらっしゃるマイホームならどこでも気がかりのグループとなっています。殊更学校にかかる資産は迂闊ありません。月々の月謝は当然、教本費やトライヤル値段などといってはスペースに集金があります。ですが、受験をむかえる赤ん坊は、やはり学校へ行かせるのが一番です。
自宅で親が訓練を見極めるという戦術もありますが、やっぱり家族という関係では甘えが生まれるので、さほど良い方法とはいえません。そうなると、どうすれば一番お得にできるかというと、中学校受験をさせるのです。ほかと見えるかもしれませんが、実は中高一貫校へ入学できれば、ハイスクール受験も必要ありませんし、当然ながらハイスクール受験にお金がかかりません。
できれば国立や公立の中高一貫校に合格するのがベストですが、個人でも月謝が安っぽい周辺を選べばよいです。それに最近はいつの中高一貫校も生き残りに真面目ですから、学校へ行かなくてもアカデミーで訓練をぐっすり装います。また周りにできる方が多ければ、志もあがります。残念ながら、受験をしないで入学する中学生はこのように勉強に熱心ではありません。とにかく学費を安く上げたいのであれば、中高一貫校へ入学させましょう。


服の整理で節約プラススッキリ快適生活

節約というと先ず最初に食費を削ることを思い付きますが、安くて高カロリーのものは健康を害する可能性があるので、我が家では避けています。

その代わりに節約しているのが、衣料品です。

季節ごとに買う服は3着までと決めていて、下着は12セットを越えないように、1枚捨ててから買うようにしています。

夏はTシャツ、冬はニットが好きで持っている数も多いので、春と秋は上着で調節して出来るだけ服自体の数を少なくしています。
また、サイズが合わなくなったり何年も着ていない服は、捨てる前にダンボールに入れておいて、着る予定のある服を全部把握出来るようにしています。

シーズンごとに持っている服が分かっていると、必要な服だけを買うことができるし、物が少なくなって部屋がスッキリ片付くんですよね。

本当に要らないものは切って掃除に使ってから捨てるので、お掃除シートや雑巾を買わなくて済むので一石二鳥です。

また服の数が多いとその分収納場所が必要になり、増えれば増えるほど広い家に住みたくなってしまうんですよね。
広い場所にこだわらなければ住む場所にもお金を掛けなくて良いし、その分貯蓄が出来るはずです。

我が家では服の整理をしっかりするようになって、服を衝動買いしなくなり、部屋もスッキリしてちょっと広くなった気がします。