新米主婦の光熱費削減はなかなか難しい

“私は20代の新米主婦をしています。
最近光熱費の節約をしていきたいと考えていますが、なかなか難しくて苦戦中です。

始めたきっかけは、お金の節約をして他に金を回したいという気持ちと、ある時明細を見ていて前の月から1000円もガス代が落ちていたことがあって、
頑張ればしっかり下がるものなんだなという実感を得たからです。

その月から洗い物をお湯でなくて水でするようになったので、ガス代が下がったんだと思います。そこで、まず始めたのは電気代の節約です。
電気代は、暑ければクーラーや扇風機をつけなければ体調にも影響してしまうので本当に難しいところです。
とりあえず無駄遣いを止めることから始めました。最近は日が長いので、晴れの日照明は19:00過ぎる頃までつけないようにしたり、付けっ放しはもちろんしないようにして、
昼時はテレビをつけずに趣味の手芸をするようにしたり、外に出るようにしたり、お風呂に入るときは脱衣所の電気を消すことなどです。
これがどこまで電気代に影響するか、ほんの少しかもしれませんが、生活に苦じゃない部分で続けてみようと思っています。

また、ガス代の節約のためには余熱の利用を心がけています。
余熱で仕上げができるのなら早めに火を止めてしまったりして、あまり長時間ガスを使わない調理にすれば少しは節約できるかなと思っています。
水道代は、お風呂の残り湯を洗濯に使ったり、洗い物をする時に出しっ放しに気をつけたりとかですが、あまり削れないでいるのが現状です。
生活が苦にならない程度にこれからも節約をしていこうと考えています。”


毎日の食物での削減

軍資金を蓄えるのは難しいですが、取り扱うのははなはだ簡単なものです。
毎日のメニューは欠かせない要素ですが、それもかなり無駄使いというのが多いのです。
それほど外食や、お者などでガバガバとお金が出向くので、出来る限り家でメニューしてそれも節約しながらと
何かと捻りしながらやっています。
ちっちゃな事を言えば切りが無いのですが、家でふとした庭園などがあればトマトやきゅうりやニラなどは
作ってみるのがいいと思います。
私もほとんど何かと組み立てるのが得意なサイドではないのですが、例年トマトときゅうりだけは植えている。
サプリメントと肥料をあげれば、案外大変ではありません。
早春にアブラムシが出るのでそれを撃滅してしまえばさほど害虫の大丈夫のです。
春に植えたトマトですが初夏から食べやっと今でも食べている。
今期になってトマトを買ったことがないし、きゅうりも最近になって買いました。
かなりの減額になったと思います。
家でしか出来ない者は、貝割れなんかは簡単なので生産してみるといいと思います。
その他には通常チラシを見ながら食事をたてるのは大前提ですが
肉や魚などきちんと細分にして、冷凍庫に入れて譲るのは鉄板だと思うのですが、
出来たら魔法で期日を書くのもいいと思います。
その他に長持ち取り止める野菜の買いすぎは駄目。
ほうれん草などは茹でて冷凍しても解凍事後同じように食べれるので便利です。
色んな捻りで水の泡無く食事で節約することができます。


肌で感じている丁寧な生活は節約に通じること

引越しで180度私の生活が変わり、丁寧な暮らしができるようになりました。

引越しのため物を大量に捨てたので掃除がしやすくなったことや、今の賃貸がとても使いやすい間取りと、キッチンがアパートには珍しく6畳あるキッチンなので調理もしやすく片づけやすいので、料理も楽しくなりました。

家事が本当に楽しくなり、不思議と身体も軽くなって今までの私の生活からは考えられないキレイな部屋の状態が保てるようになっています。

キレイな家の中が気持ち良く、自然に丁寧な生活ができるようになったのですが、そうしたら、急に金運が良くなって今までより貯金ができる世になりました。

2月の下旬に引っ越したのですが、3月と4月には旧住所の市役所から次々と納め過ぎの健康保険税と介護保険税が戻ってきたのです。

そして、新しい住所での健康保険税が、なんと旧住所の4分の1なのです。近くのスーパーもかなり安いスーパーなこと、そして、なんといっても家賃も今までの半分なので助かっています。

これほど全てが安くなったのも、丁寧に無駄のない生活を始めた神様のご褒美かな?なんてニッコリしています。

「爪で拾って箕でこぼす」という言葉がありますが、貯金をしたかったら稼ぐことを考えるより無駄のない生活をするべきというのは本当だと実感しています。

それと、「お金は汚いところを嫌う」といいますが、汚くしているところにはお金は寄ってこないようです。

金運が良くなったと言ってもささやかですが、これ程重なるとは運ばかりではないものを感じています。

これからも丁寧な生活を続けなければと思っている私です。