節約が苦手でも貯金はできます。

私は昔から浪費癖があり、アルバイトで稼いだお金を全てアイドルや洋服に使ってしまう生活をしていました。

酷い時はクレジットカードでキャッシングをしてまで遊んでしまいました。

時にはこんな私を心配したバイト先の友人が私のクレジットカードを半分に折り曲げたこともありました。

このままではまずいと思い、預金口座を2つ作り、毎月決めた額を貯金用口座に貯めていました。

しかし長くは続かず、給料日が近くなりお財布が寂しくなってくると貯金用口座のお金を使ってしまうこともありました。

こんな私でも貯金のできる方法はないものかと考え、唯一成功した方法をご紹介します。

それは、ひと月に使える金額を予め決めてしまうのです。

例えば給料が20万円だとしたら5万円は貯金用口座にいれ、残りの15万円から諸経費(家賃・光熱費・携帯代・趣味で確実に飛ぶお金等)を引いた額がひと月に使えるお金です。

そのお金が5万円だとして30日間に使えるお金は1666円。1日1666円未満に抑えられるように生活するのです。

私の場合1000円を目指して生活していましたので月末には2万円近くの余裕ができていました。最終日に余剰金を使って贅沢しても良いというルールにしていました。

初めの方はその日を楽しみに生活していましたが最近では最終日の贅沢をせずそのまま貯金に回すようにしています。

という生活にしたところ、こんな私でも貯金をすることができています。至って普通のことかもしれませんが、どうしても貯金ができないという私のような方にはぜひこの方法をおすすめします。


お財布には1ウィークずつの総計しか入れないようにすると節約できます!

普段持ち歩くお財布の中には絶対にひと月分の料金などは入れないように行う。
1週ずつの料金を週間のはじめにお財布にいれたら、その中で絶対に済ませるように
やり過ごすのです。

もちろん、お財布の根源が余ったら、専ら繰り越さず蓄財ケースに残っているプラスを
入れて小銭蓄財をしておきます!

お財布の中に余計なプラスをいれなければ、使いみたいがなので、無駄なものを購入したり
衝動買いを防げるのです!

しかし、あまりにもきつすぎる料金割をしてしまうと、なんとなく精神的にもまいって
しまってある時撤退してしまって散財して仕舞うということもあるので配列料金は敢然と
考えて無謀なことはやめたほうがよいです!

やむを得ず緊張が溜まった時折小銭蓄財をした蓄財ケースから拝借して、豪華なランチ
に行ったりビデオを見たり、デザートを購入してみたりもご時世に数回はしてみるのも嬉しいもの
だ!

省エネルギーは長く続けていかないと効果はでては欠けるので、長期間隔で穏やかに賢く立ち向かうの
がベストなので、無茶はだめ!

週間割をした料金でどんなに美味しいご飯を工夫して焼けるか!満足できるかに争いがかかって
掛かることは忘れてはいけません!

食べないようにするとか辛抱をじっくりする・・・という感性で省エネルギーに取り組むとどうしても撤退やる
ので、決められた料金を素敵に扱うことが大事なのだということを考えなければいけないのです!