1日の可処分所得を決めて節約しよう!

私が実践している節約の方法は、給料を日割り計算して、その2割を1日に使える金額にするということです。

たとえば手取りで18万円もらっているとしたら、日割りにすると1日6000円の日給になります。ここは単純計算でオッケーです。

そしてその6000円の2割は1200円になります。それを1日に使えるお金の上限とするのです。ここでのポイントは、家賃や通信費などの固定費は別で考えることです。あくまで飲み物やお菓子などの変動費を使えるお金の対象にすることです。

そうすることによって、無駄遣いを減らすことができます。

でも、飲み会などに参加すると3000円程度かかってしまいますよね。1200円では全然足りません。その時は、飲み会の予定がある週には、その日、たとえば週末に向けて月曜から貯金しておくのです。

1日に500円で済んだ日は、700円の余裕ができます。これを火曜、水曜と続けていけば、3000円はあっという間にたまりますね。何か欲しいものがある場合にも同様の方法で貯めていきます。

また、これを続けていると、節約の意識が段々強くなってきて、楽しくなってきます。慣れてくれば貯金もできてしまいますので、ぜひおすすめです!